2017年10月26日~交通死亡事故多発警報発令!!~

県内において7日間に6件の交通死亡事故が発生し、6人の方が犠牲となられております。

夕暮れが早まり、交通死亡事故が短期間に連続発生していることから、

より一層の交通事故防止対策の推進をお願いいたします。

 

※「冬の交通事故防止運動」 ~さむぞらの 星より光る 反射材~

実施期間

 〇運動期間 12月11日(月)~12月20日(水)

運動の重点

 ●飲酒運転の根絶

  飲酒運転の死亡率は飲酒なしの役8.4倍さらに、酒酔運転による死亡事故率は約1.7倍

  「飲酒運転を絶対にしない、させない、許さない」

 ●横断歩行者の保護

  早めのライト点灯と、上向きライトの効果的に活用し

  横断歩行者がいたら、早めに一時停止。

  歩行者は、明るい服装と夜光反射材を活用。

 ●冬道の安全走行

  アクセルはソフトに徐々に踏み込む

  ブレーキふぉうさをソフトににしてタイヤをロックさせない

  交差点の手前では、先先の状況を確認する

  交差点へは、原則状態で接近する

  「急」のつく運転はしない  

 

 ※自転車安全利用五則の周知

  ① 自転車は車道が原則、歩道は例外

  ② 車道は左側を通行

  ③ 歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行

  ④ 安全ルールを守る

    ・飲酒運転・二人乗り・並進の禁止

    ・夜間はライトを点灯

    ・交差点での信号遵守と一時停止・安全確認

  ⑤ 子どもはヘルメットを着用